高血圧にオリーブオイルが効く?食事で上手に利用するには

高血圧にオリーブオイルが効く?食事で上手に利用するには

高血圧にオリーブオイルが効く?食事で上手に利用するには

 

 

食品や化粧品など、今や幅広い用途で人気のあるオリーブオイル。贈答品としても人気があり、特別な油という認識の人も多いのではないでしょうか。でも優れた健康効果のあるオリーブオイルは、毎日の食事にこそ使ってほしい油です。その効能はたくさんあり、抗酸化作用や便秘予防などの他、高血圧を下げる効果があることもわかっています。では、どのように使えばより効果的なのでしょうか。

 

●オリーブオイルはこんなにすごい!健康効果いろいろ
●意外と知らないかも?オイルの特徴
●オリーブオイルの高温調理はいい?悪い?
●こんな食べ方もできます。組み合わせで効果増

 

知ることでもっと利用できるオリーブオイルの効果についてまとめました。

 

 

 

●オリーブオイルはこんなにすごい!健康効果いろいろ
調理の際に多くの人が使うサラダ油(菜種油など)には、リノール酸が多く含まれますが、一方、オリーブ油に多く含まれているのはオレイン酸です。リノール酸とオレイン酸はどちらもコレステロールを下げる働きがありますが、リノール酸が善玉、悪玉両方のコレステロール値を下げるのに対し、オレイン酸は悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれる効果があります。その結果、血液がサラサラになって血流が良くなり、血圧が下がることにつながります。また、オレイン酸は便秘の改善にも効果があり、ダイエットや美肌効果も期待できます。オリーブオイルは美容と健康の強力なサポーターなのです。

 

高血圧にオリーブオイルが効く?食事で上手に利用するには

 

 

 

●意外と知らないかも?オイルの特徴
オリーブオイルの品質は酸度が低いほど良いとされていて、オリーブの果実のみを使ったバージン・オリーブオイルの中で「エキストラバージン・オリーブオイル」が最高品質とされます。オイルを選ぶ場合、必ず遮光瓶に入っているものを選びましょう。透明な瓶では紫外線により品質が劣化しているおそれがあります。オリーブオイルは緑色から金色に近い色までありますが、これらの違いは産地や収穫時期によるもので、品質との関係はありません。保管は常温で大丈夫ですが、日光の影響の少ない場所で。冷蔵庫に入れると成分が固まってしまい、それを元に戻すことを繰り返すと質が落ちてしまうので気をつけましょう。使い切る目安は約一ヶ月ほどです。

 

高血圧にオリーブオイルが効く?食事で上手に利用するには

 

 

 

●オリーブオイルの高温調理はいい?悪い?
オリーブオイルを加熱すると成分が損なわれるのでやめたほうがよい、と思っている人も多いのではないでしょうか。オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は熱に強いため、加熱しても効果を維持できます。そのため、炒め物や揚げ物に使うこともできますが、発煙点(油を加熱して煙が出る温度)を超えると焦げて劣化するので注意して下さい。それでもオリーブオイルの発煙点は約210度でサラダ油に比べて高いので、むしろ揚げ物に向いたオイルといえそうです。また、高品質のエキストラバージン・オリーブオイルほど発煙点は高いとされています。

 

高血圧にオリーブオイルが効く?食事で上手に利用するには

 

 

 

●こんな食べ方もできます。組み合わせで効果増
サラダやパスタにかけたりパンにつけたりして食べることも多いオリーブオイル。ドレッシング代わりにオリーブオイルをかける場合、少しだけ醤油を混ぜて和風テイストにしてもおいしく食べられます。オリーブオイルと同じように抗酸化作用のあるトマトやアボカドにかけて食べれば、手軽な健康食の出来上がり。他には意外と相性のいい食材に納豆があります。あの独特の臭みがオリーブオイルを混ぜることで緩和され、食べやすくなります。また、エキストラバージン・オリーブオイルであれば、生で食べることもできます。適量は一日大さじ一杯から二杯です。

 

高血圧にオリーブオイルが効く?食事で上手に利用するには

 

 

 

オリーブオイルを毎日の食事に数滴加えれば、健康面、美容面で良い効果が得られそうですね。ただし体に良いといっても油なので、摂りすぎは肥満につながります。一日の適量を守って、おいしい食事で高血圧を予防しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高血圧の食事は味付けがポイント!美味しく減塩するコツは?

 

 

 

 

こちらのサイトも必見です。

 

【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。