高血圧の食事は味付けがポイント!美味しく減塩するコツは?

高血圧の食事は味付けがポイント!美味しく減塩するコツは?

高血圧の食事は味付けがポイント!美味しく減塩するコツは?

 

 

毎日の食事は、どのように味付けしていますか?おかずの味は濃くないとご飯が進まない、という人も多いのではないでしょうか。でも濃い味は高血圧を気にする人には大敵。三度の食事で塩分、糖分を摂り過ぎてしまいます。塩分、糖分ともに摂り過ぎは血圧に悪影響をもたらします。それでは、ただ塩分を減らせばいいのかというと、それでは味気なくて食事が美味しくない。それで再び濃い味付けに逆戻り・・・。減塩が続かない人はたいていこのパターンのようです。美味しく食べられて、塩分、糖分も控えめ、という食事にするにはどうしたらいいのでしょう。

 

 

●日本人の食事は塩分が多過ぎ?気をつけたい、こんな習慣
●これならOK!満足できる味付けのポイント
●簡単な工夫で美味しくなる、食材と調理法

 

 

今回は高血圧の人の食事の味付けのポイントと、できるだけ余分な塩分や糖分をカットしつつも美味しく食べられる工夫についてまとめました。

 

 

 

●日本人の食事は塩分が多過ぎ?気をつけたい、こんな習慣
漬け物や味噌汁、焼き鮭や煮物など、どれも和食の定番メニューですが、これらは塩分が高めです。味噌汁を最後まで飲んでしまう人も多いでしょうが、これは減塩を考えるとやめたほうがいい習慣です。同様に漬け物に醤油をかけたり、ご飯に塩を振りかけたりすることも避けましょう。濃い味に慣れた食生活では薄味がもの足りなく感じられ、減塩メニューも挫折しがちです。一度に薄味にするのではなく、徐々に塩や砂糖を減らして口を薄味に慣れさせましょう。

 

 

高血圧の食事は味付けがポイント!美味しく減塩するコツは?

 

 

 

●これならOK!満足できる味付けのポイント
塩や醤油を減らした味付けでもの足りなさを感じるなら、ショウガやわさびなど辛みの効いた調味料を使用してみましょう。どちらも血圧への影響は少なく、味付けのアクセントになってくれます。また、酢やレモンなどの酸味を活用するのもおすすめです。例えばサラダにはドレッシングの代わりに、食べる直前にレモンを搾ってみましょう。爽やかな香気と酸味で野菜が美味しく食べられます。ネギやニンニクも食欲増進の効果があり、味付けに強さが欲しい時に重宝します。

 

 

高血圧の食事は味付けがポイント!美味しく減塩するコツは?

 

 

 

●簡単な工夫で美味しくなる、食材と調理法
味噌汁は味噌を控えめにする代わりに、だしをしっかり効かせましょう。昆布や煮干し、かつお節を使っただしは風味が良いので、塩分が少なくても美味しく感じられます。特にかつお節は、含まれている成分EPAやイノシン酸に血液をサラサラにしてコレステロールを減らし、血圧を安定させる効果があるのでおすすめの調味料です。また、減塩メニューでもの足りないと感じた時は、豆乳を使ってみると味にコクが出て、飽きずに食べることができます。この他、柚子など香りの強い果物を絞って調味料として加えれば、食事のマンネリを防ぐことができます。

 

 

高血圧の食事は味付けがポイント!美味しく減塩するコツは?

 

 

 

ほんの少し味付けを工夫すれば、薄味のメニューも美味しく食べられるようになります。わさびやかつお節など、日本に昔からある食材が強い味方になってくれます。大幅に減塩したメニューでは続けられる自信がない、という場合はまず基本的な醤油、味噌の種類から見直してみましょう。醤油は濃い口を減塩醤油に、味噌は辛味噌を使っている場合は甘口味噌に変えるだけでも塩分をかなり減らすことができます。高血圧を改善する場合、食事の管理はとても大切です。食事は日々の楽しみの一つでもあり、味付けに不満を感じてしまうと減塩メニューは長続きしません。味付けを徐々に薄味に変えていき、ストレスなく濃い味から薄い味へ移行できるようにしましょう。醤油味ばかりの味付けになっていないか、漬け物が多くないか、味噌汁は飲み干していないかなど、まずは日頃の食事の習慣をチェックしてみませんか。

 

 

 

 

 

 

高血圧になった時にはどんな食事がおすすめ?

 

 

 

 

こちらのサイトも必見です。

 

【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。