高血圧なのに食事が外食ばかり・・・。そんな時に知っておきたいこと

高血圧なのに食事が外食ばかり・・・。そんな時に知っておきたいこと

高血圧なのに食事が外食ばかり・・・。そんな時に知っておきたいこと

 

 

高血圧を改善するなら、外食はカロリーが高く、塩分も多いので避けるべき。そうわかってはいても、会社勤めをしていると、外食せざるをえないことも多々あります。外回りの仕事が多くてランチが外食になってしまう、付き合いの飲み会をなかなか断れない・・・など、勤め人はどうしても外での食事が多くなりがちです。仕方がない、と諦めなくても大丈夫。注文時や食べる時に少し気を付けるだけでカロリー、塩分ともに控えめの食事が可能です。

 

 

●注文時にチェック、メニューの成分表示
●野菜、果物は高血圧を防ぐ強い味方
●食べる際の一工夫。カロリー、塩分を取りすぎないコツ
●今夜の予定は?一日の食事バランスを考える

 

 

今回は外食時に活用できる、高血圧対策の食べ方についてまとめました。

 

 

 

●注文時にチェック、メニューの成分表示

 

今は多くのレストランでメニューブックに料理ごとのカロリーや塩分量が載っています。
好きなものを食べたい気持ちはあっても、まずはメニューの成分表示をチェックしてみましょう。丼物は味付けも兼ねた濃い味の汁がかかっていることが多く、塩分も高めです。ご飯とおかずが別になっている定食がおすすめです。また、パンとご飯であれば、塩分が含まれていないご飯のほうをおすすめします。

 

 

高血圧なのに食事が外食ばかり・・・。そんな時に知っておきたいこと

 

 

 

●野菜、果物は高血圧を防ぐ強い味方

 

外食の際は、メインの料理に追加して野菜、果物を取るようにしましょう。野菜や果物に含まれるカリウムは、体の塩分の排出を手助けしてくれる効果があります。ブロッコリーやほうれん草などの野菜、バナナやキウイなどの果物の他、芋類や海藻類にカリウムはたくさん含まれています。また、プルーンや干しブドウなどのドライフルーツもカリウムが豊富です。日頃から意識してこれらを摂取することが、高血圧の改善につながります。ただし、腎臓の悪い方はカリウム摂取が制限される場合があるので注意が必要です。

 

 

高血圧なのに食事が外食ばかり・・・。そんな時に知っておきたいこと

 

 

 

●食べる際の一工夫。カロリー、塩分を取りすぎないコツ

 

ランチの外食は、空腹を満たすためについボリュームのあるメニューを頼みがち。そんなときでも、食べる時に少し注意すればカロリー、塩分の摂取を減らせます。ラーメンなどの汁はなるべく飲まない、揚げ物の衣は半分だけ食べる、付いてくる漬け物や紅ショウガは食べないようにする、などの工夫をしましょう。夜の外食では、気を付けたいのはお酒です。お酒が進むとつい脂っこいもの、しょっぱいものを食べたくなるので、飲み過ぎないよう注意が必要です。塩分の取り過ぎだけでなく、肥満も血管の大敵です。常にカロリー控えめ、食べ過ぎないことを心がけましょう。

 

 

高血圧なのに食事が外食ばかり・・・。そんな時に知っておきたいこと

 

 

 

●今夜の予定は?一日の食事バランスを考える

 

高血圧は改善したくても、一日の食事のたびにカロリーや塩分量のことばかり考えるのはストレスがたまる、あるいは考えてはいるけれど思い通りにできない、という人もいらっしゃるのではないでしょうか。減塩して健康な食事をしようと思っていても、イライラしてしまうのでは長続きしません。そんな時は、一日全体の食事量で考えてみましょう。ランチにしっかり食事をしたら、夜はあまり食べない。夜に飲み会などの外食の予定があるときは、あらかじめ朝や昼の食事を軽めにしておく。こんな工夫で一日の中での食事バランスを考えるほうが、ストレスをあまり感じずに済むかもしれません。たまにうまくいかなくても焦らず、薄味で腹八分目の食事を習慣にしていきましょう。

 

高血圧なのに食事が外食ばかり・・・。そんな時に知っておきたいこと

 

 

 

外食を全くしない生活は難しいものですし、皆で集まる食事会などは楽しく過ごしたいですね。最近は減塩メニューのある飲食店も増えているようです。高血圧が気になる方もカロリーオフや減塩のコツを覚えて、栄養バランスのいい食べ方で外食を楽しみましょう。

 

 

 

高血圧になった時にはどんな食事がおすすめ?

 

 

 

 

こちらのサイトも必見です。

 

【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。